はじめに

私のデスクトップPCには、Ubuntu16.04 LTSが入っていました。
しかし16.04は、WiMAXとの相性が悪く、ネット接続が大変不安定でした。
そこで、この年末年始に思い切って18.04へ更新することにしました。

私は通常、このUbuntuが入っているデスクトップPCに、ディスプレイやキーボードを接続していません。
代わりに、WindowsからSSHを使ってアクセスしています。

 

Ubuntu側のSSHの設定は、以下ページを参考にしました。
https://www.karelie.net/install-ssh-ubuntu-1804/

UbuntuのIPアドレスは固定した方がWindowsからアクセスする際に便利です。
私は以下のページを参考にしました。今はGUIで設定できるんですね。便利になりました。
https://linuxfan.info/ubuntu-1804-desktop-static-ip-address

SSHクライアントは、Windows10標準のソフトを使用しています。
https://news.mynavi.jp/article/win10tips-237/

 

このままだと、WindowsからUbuntu側へ、ファイルを転送するのが面倒です。
そこで、WindowsとUbuntu間のファイル転送を簡単に行うために、FTPを準備することにしました。

この記事は、それを実現した時の覚書です。

私の環境は以下の通りです。

  • Windows 10 64bit
  • Ubuntu 18.04 LTS

 

1.Ubuntu側の設定

vsftpdをインストールします。

vsftpdの設定ファイルを開きます。私はviエディタを使っています。

私は、以下のように設定項目を変更しました。
(参考)http://park12.wakwak.com/~eslab/pcmemo/linux/vsftpd/vsftpd4.html

次に、vsftpd.chroot_listをetcの下に新規で作成します。
このファイルにUbuntuのユーザ名を追加します。

最後に、vsftpdを有効にして再起動します。

 

 

2.Windows側の設定

私は今回、古くから使い慣れているFFFTPという、FTPクライアントソフトを使用しました。
以下ページからダウンロードして、インストールしてください。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ffftp/

 

FFFTPを開き、メニューバーから接続を選択します。

 

ホスト一覧というウィンドウが開きます。新規ホストを選択してください。

 

ホストの設定というウィンドウが開きます。以下を入力し、OKを押してください。

  1. ホストの設定名(任意の名前)
  2. ホスト名(UbuntuのIPアドレス)
  3. ユーザ名(Ubuntuのユーザ名)
  4. パスワード

 

ホスト一覧ウィンドウに戻りました。接続を押してください。

 

暗号化の状態の保存というウィンドウが開きます。はいを選択してください。

 

左側にWindowsのディレクトリ、右側にUbuntuのディレクトリが表示されれば、接続成功です。

 

以上です。

この記事がいいねと思ったら、以下のいいねボタンを押してください。
管理人のモチベーションがあがります(笑)

いいね! ←この記事いいね!
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です